本文へ移動

病院からのお知らせ

新型コロナウイルス感染発症について(第2報)
2021-01-07
カテゴリ:利用者様へ
重要
第1報でお知らせしましたとおり、1月4日に職員1名(以下職員A)、また1月5日に入院患者様1名(以下患者B様)が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。現在職員Aは出勤停止療養中、患者B様は既に感染対応病院へ転院となっております。
また1月6日に濃厚接触が疑われ別室隔離を行っていた患者様(以下患者C様)のPCR検査陽性が新たに判明しました。本日患者C様も感染症対応病院へ転院致しました。
現在、関連病棟全職員60名と全患者様46名のPCR検査陰性を確認しております。残り10名程の検査結果については分かり次第(明日午前中予定)報告させていただきます。
東部保健所ご指導のもと、安全を期して1月13日まで入退院制限を継続いたします。職員一同より一層の感染防止対策に努めより慎重に病院運営を行っていきます。皆様には大変なご心配ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。

尚、外来診療および外来リハビリテーション(完全予約制)につきましては通常診療を行っております。

追記
現状況について全入院患者様、ご家族様にご説明をさせていただきました。その際、私共職員に対しお見舞いや激励のお言葉をたくさん頂き大変感謝しております。
この場を借りましてお礼を申し上げます。

令和3年1月7日
サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
新型コロナウイルス感染発症について(第1報)
2021-01-05
カテゴリ:利用者様へ
重要
1月4日に当病院職員1名(以下職員A)、また本日入院患者1名(以下患者様B)が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。感染経路については現在調査中です。現在職員Aは出勤停止療養中、患者様Bは新型コロナウイルス感染対応病院への転院となりました。

東部保健所ご指導のもと職員A所属病棟全職員と入院中の患者様に対し幅広くPCR検査を順次実施しております。全てのPCR検査結果が出るまで当院入退院の制限を行います。患者様やご家族の皆様には大変なご心配ご迷惑をおかけしますが、職員一同より一層の感染防止対策に努めてまいりますので、ご理解ご協力のほど何卒よろしくお願い致します。

尚、外来診療につきましては東部保健所より通常診療可能とのご判断を頂けております。

令和3年1月5日
サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
新年のご挨拶
2021-01-04
カテゴリ:利用者様へ
新年明けましておめでとうございます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症が全世界を覆いつくし厳しく大変な1年になりました。猛威は今も続き医療崩壊が叫ばれる中での年越しとなりました。個人個人による感染防御の必要性や移動自粛が叫ばれ、ご自宅で過ごされた方も多かったと思います。華やかな年越しの雰囲気、新年に向けての抱負を思い描くことがないまま新しい年になったような気がします。
憎きコロナが早く収束し、穏やかな日常が戻り、本年が明るく笑顔に満ちた年になることを願うばかりです。

本年もサンライズ酒井病院は、万全の感染症対策を講じつつ、診断から治療までスムーズに一貫した質の高い医療を提供する事、受診から退院・在宅に至るまで医療・介護・予防・生活支援の各機関とも連携を取り、患者さまが安心して住み慣れた地域で過ごしていただけるよう支援をしてまいります。
“地域になくてはならない病院”を目指し、皆さまがいつも笑顔で健やかにお過ごしになられますよう、職員一同、“全集中常中”の努力を続けてまいります。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

2021年1月吉日
サンライズ酒井病院院長 酒井 祐一
タブレット面会のご案内
2020-12-16
カテゴリ:利用者様へ
平素より当法人の運営につきまして、ご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
新型コロナウイルス感染症防止の観点から患者さんを守るため面会禁止をさせていただいています。今後も面会禁止の期間が長期化することが考えられます。
こうした事態下において、この度タブレット面会を12月22日より開始することになりました。
ご面会の流れ
  1. タブレット面会は完全予約制です(予約の対応は、平日のみです。日曜日はご遠慮願います)。
    事前(1週間前~前日の17時まで)に面会の日時をご連絡ください。
  2. 当日、受付に患者さんとご家族のお名前を伝えてください。
  3. 受付職員と病棟看護師が患者さんの面会準備を致します。
  4. 受付がご家族と各階の患者さんをタブレットにておつなぎ致します。
タブレット面会の時間帯
月~金曜日5階病棟
13時頃~
4階北病棟
14時30分頃~
4階南病棟
16時頃~
ご利用上の注意点
  • タブレット面会は原則、ご家族のみです。1週間に1回までの面会とさせていただきます(ここでのご家族とは、一親等またはキーパーソンの方のみとなります)。
  • 玄関にて体温測定と問診をします。体温が37.0℃以上の方や問診表に該当する方の面会はお断りいたします。
  • 設備上、時間に限りがあります。時間厳守でお願いします。一ご家族5分程度とさせていただきます。
  • 当日、患者さんの病状や体調、リハビリの兼ね合いによって面会のお断りや時間調整をさせていただく場合があります。
  • タブレット面会は、患者さん本人との対応のみです。主治医への問い合わせ、看護師への依頼などの応はご遠慮ください。
  • 洗濯物等お荷物の受け渡しに対しては、今まで通りの時間帯で対応させていただきます。また面会前後に洗濯物の交換を希望される場合は、事前の予約時にお知らせください。

令和2年12月
サンライズ酒井病院 病院長
第38回 大分県病院学会
2020-12-16
カテゴリ:利用者様へ
第38回 大分県病院学会が11月29日にLIVE配信、12月1日~12月15日までオンデマンド配信にて開催されました。当院からは作業療法士の松木和歩が『リハ介入に難渋した症例に対してCOPMを用いた治療経験~希望する作業活動が意欲向上に繋がった症例~』、理学療法士の宮津悠が『高齢患者のサルコペニア・低栄養に対するリハ栄養アプローチ~早期に他部門と連携しQOL向上に繋がった一症例~』の演題で発表を行いました。例年とは違う録画での参加となり準備が大変だったようですが良い経験になりました。患者さんを通じて学んだことを今後のリハビリテーションに活かしていきたいと思います。
第8回 九州・沖縄・山口 OLS研究会Webセミナー
2020-12-16
カテゴリ:利用者様へ
先日、11月28日(土)に第8回 九州・沖縄・山口 OLS研究会 Webセミナーが開催されました。本会では、昭和大学医学部整形外科講座准教授の永井隆士先生の特別講演などを拝聴することが出来ました。各病院の取り組みによって地域の方々の骨折予防に対する意識が高まることを期待するばかりです。当院においては、今後も再骨折予防に対する取り組みを多職種が連携してより充実させていきたいと思います。
骨粗しょう症に関するイベントが開催されました
2020-12-09
カテゴリ:利用者様へ
第1回大分県OLS(Osteoporosis Liaison Service:骨粗鬆症リエゾンサービス)ネットワークが11月21日(土)に開催されました。この活動は、骨粗鬆症による骨折の予防や健康寿命延伸に関心のある方々の情報共有や、施設間の連携強化と個人のスキルアップの場となることを目的に、当院を含む大分県下5施設(大分大学医学部付属病院、川嶌整形外科病院、大分中村病院、杵築市立山香病院)の骨粗しょう症マネージャーにより発案され、2019年1月に発足されました。
本会は、講演と質疑応答コーナーの2部構成で行われ、演者の所属施設からインターネットで配信されました。講演Iでは、当院の熊木光包医師が「大腿骨近位部骨折治療の最前線とFLS(Fracture Liaison Service:骨折リエゾンサービス)」という題名で講演されました。講演IIでは、「骨粗鬆症マネージャーによる各施設の活動報告」として当院リハビリテーション部の本郷成市理学療法士、かわしまクリニックリハビリテーション科の石井瑛作業療法士、臼杵市医師会立コスモス病院の鶴田瑛典薬剤師がそれぞれ講演されました。質疑応答コーナーでは、参加者から事前に寄せられた骨粗鬆症リエゾンサービスに関する質問に対して演者の先生方が解答し、各施設が抱えている問題点について議論されました。
参加者から、「多職種の目線で発表があり、地域性が浮かぶ内容だったため心に残った」という言葉を頂くことができ、良いスタートができたのではないかと感じています。
大分県OLSネットワークは毎年開催する予定です。今後は講演会や活動報告、意見交換会に加え事例検討、勉強会等も開催していきたいと考えています。骨粗鬆症性骨折の予防や健康寿命延伸に関心のある方であればどなたに参加していただいても結構ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。
保育園建設地 地鎮祭
2020-12-04
カテゴリ:利用者様へ
本日、当法人理事および代表職員、委託会社様、施工会社様、その他関係者様ご出席のもと医療法人平成会の保育園「キッズガーデンさんらいず」の地鎮祭が建設地において執り行われました。
来年の4月開園を目指し着工致します。
ひじまち純粋度100%MOVIE「しあわせリボンの町」の撮影に参加しました
2020-12-04
カテゴリ:利用者様へ
最近、少し元気のない日本。
そんなとき、ハローキティから大分県日出町に重大な提案がありました!
「こんなときだからこそ、皆に元気と笑顔を届けたい!
ちいさな町から日本全国の皆さんへ、心温まるショートムービーとともに元気と笑顔を届けよう!」

この思いに賛同し、日出町から全国へ笑顔を届けるため、ひじまち純粋度100%MOVIE「しあわせリボンの町」の撮影に当院看護師が新型コロナウイルス感染症対策の一環として来場者の検温とダンス撮影に参加させて頂きました。

一人一人の感染予防で新型コロナウイルスを吹き飛ばし、元気と笑顔をとり戻しましょう!

ひじまち純粋度100%MOVIE「しあわせリボンの町」のYouTubeリンクを貼っていますので、是非ご覧ください。
病院食、自営調理を再開しました
2020-12-02
カテゴリ:利用者様へ
12月1日よりお取引業者様の御協力もあり、自営調理を再開しました。
入院生活における食事は、治療を行う上で大切な役割を担っています。栄養部では、適正な栄養管理、安心で心のこもった食事提供を行うことを目標とし日々業務にあたっています。今後も患者様のご意見を伺いながら、多様化するニーズやアレルギー食、個別対応など、今以上に満足していただける食事つくりに栄養士、調理師、調理員で努めていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

サンライズ酒井病院 栄養部
TOPへ戻る