本文へ移動

各長挨拶

事務長挨拶

事務長 後藤 春喜(ごとう はるき)
 平成30年8月に病院の増築が完成して以降、外来診察、リハビリテーション室、健診センター共に順調に稼働しています。特に健診センターにつきましては「健診に真剣」をスローガンに地域の健康を守ることを使命に積極的な予防活動行ってきたことで毎年受診者も増加しており、引き続き使命感を持った取り組みを継続して参ります。令和3年には地域貢献の一助となることを目指し認可外保育園「キッズガーデンさんらいず」を病院本館の隣接地に開園しました。2歳児までの通常保育に加え、病児・病後児保育や一時預かり保育を行い、病院職員や地域企業の子息の受入を積極的に行っております。また、平成26年2月より開設しました骨粗症センター「ほねの駅」も8年目を迎え、現在ではすべての脆弱性骨折を対象疾患として骨粗松症の予防と改善および骨折防止に取り組んでいます。加えて病気やケガの発症・発生への即時対応のみでなく、院内に設置した地域連携部を柱に他病院との連携や老人福祉施設との密接な連絡を通じ、患者様やご家族様のご事情・ご要望を最優先に考え、皆様の心情に寄り添った医療をご提供することを常に心がけております。これからも「安全・満足・積極」の理念のもと、全職員が「地域の皆様の健康は当院が守る」の自負心を持ち続け一丸となって取り組み、地域の皆様の健康寿命を延ばし、一日でも長く健康でいられる医療を提供して参ります。

看護部長挨拶

看護部長 福田 豊(ふくだ ゆたか)
「患者様やご家族に寄り添う、質の高い看護の提供を目指します」

 当院は「安全・満足・積極」という理念の基、目の前の患者様と真摯に向き合い、患者様やご家族の方の意思を尊重するとともに、地域の医療・保健・福祉との連携を密にすることや、関連施設との協働を図り、地域住民の方々から信頼される地域基幹病院を目指しております。看護部は、「私たちは豊かな感性を持ち、専門職業人として患者満足のために最善を尽くします」を理念に掲げています。医療・保健・福祉の動向を理解し社会のニーズに対応できることや、患者様やご家族様に寄り添いご満足の頂けるケアを実践できる自律した看護職の育成に取り組んでいます。
 2020年に新型コロナウイルス感染症が日本でも確認されてから2年が経過しました。2021年1月には当院もクラスターを経験しました。振り返ると当時当院はPCR検査ができる環境もなく日々怯え、不安を抱えながら過ごしていたことを思い出します。先が見えない中、各職員がお互い励まし合い、献身的に看護していたことが頼もしく、誇りに思いました。また地域住民の方々や他の医療機関の方々より多くの励ましと激励の言葉を頂き、当院は多くの人に支えられていると強く感じました。
 私たちは常にやさしさと温もりを持ち、患者様それぞれの人生観や価値観及び希望に寄り添うことを大切にしながら看護を実践することを目指します。更に多職種連携やチーム医療を推進し、質の高い看護の提供を目指すことで患者様やご家族様から「サンライズ酒井病院に来てよかった」と選んで頂けるように職員一丸となって努力していきます。どうぞよろしくお願い致します。
TOPへ戻る