本文へ移動

看護部長挨拶

当院看護部は看護師46名、准看護師19名、看護助手29名の合計94名の組織です。
「私たちは豊かな感性を持ち、専門職業人として患者満足のために最善を尽くします。」という看護理念のもとにすべての看護職員が自己の職責を理解し、患者・利用者と家族に寄り添い、地域の皆様に安心と満足を実感していただけるよう最大の努力をしています。そのために各種研修会・講演会の参加や院内外の学会等にも積極的に発表を行うなど自己研鑚を深めています。
また院内では教育委員会を中心に新人教育・中途採用者の教育に力を入れ、入職者が早く組織の一員としてそれぞれの立ち位置で活躍できるようにプログラムを組んでいます。
厳しい医療・福祉情勢ではありますが、私たち看護部は理念を忘れることなく、保健・医療・福祉の動向を理解し社会のニーズに対応し地域貢献ができるよう今後も誠実に努力を惜しまず前に進んでいきたいと考えています。
皆様のご指導・ご支援をお願い申し上げます。

看護部運営方針

1.医療の動向を理解し、社会のニーズに対応できる組織と人材となることを目指します。
2.患者・利用者と家族に寄り添い、満足のケアを実践します。
*すべての看護・介護職員が自己の職責について能力の向上を図り、患者と家族の皆様に寄り添い、満足していただける看護を提供できるように最大の努力をいたします。
TOPへ戻る