本文へ移動

病院からのお知らせ

感謝状をいただきました!
2021-05-06
カテゴリ:医療関係者様へ
先日、当ホームページでお知らせしましたが、2021年3月5、6日の2日間にわたり第8回日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会がWEBで開催され、当院からは4名が発表者、1名が座長、その他のべ50名の多職種の職員が当院会議室にてWEB配信を視聴するという形式で参加しました。このように、多くの職員が積極的に学会に参加したことを評価して頂き、学会長より感謝状を頂きましたのでご報告させて頂きます。
このような栄誉ある賞をいただくことができ大変嬉しく思います。本学会の学会長を務められました香川県立中央病院リハビリテーション科部長の本田透先生と徳島大学病院看護師長の平岡峰子先生にこの場を借りて感謝申し上げます。脆弱性骨折を予防するためには“多職種連携”は不可欠です。これからも患者さんを脆弱性骨折から守るために多職種で頑張っていきたいと思います。
施設地域貢献活動
2021-04-28
カテゴリ:医療関係者様へ
令和2年度の地域貢献活動の一環として、いつも施設に遊びに来ていただいている豊岡幼稚園の園児さんたちに 利用者さんと職員が一緒に作った鬼滅の刃の折り紙と毛糸で作ったたわしを進呈させていただきました。
デイケア 5月 行事予定表
2021-04-17
カテゴリ:利用者様へ
5月のデイケア行事予定表です。
キッズガーデンさんらいず 開園のお知らせ
2021-04-07
カテゴリ:利用者様へ
注目
令和3年4月1日 キッズガーデンさんらいずを開園致しました。
小さな保育園ですが、認可保育園カリキュラムにて保育を行い、病児保育・病後児保育・一時預かり保育も併設しております。
骨粗鬆症地域連携webセミナー
2021-04-07
カテゴリ:医療関係者様へ
3月26日(金)web講演会で当院の院長である酒井祐一医師が「骨粗鬆症リエゾンサービス7年とこれから」とういう演題で講演をさせて頂きました。
当院で骨粗鬆症リエゾンサービス(OLS)を開始してから早いもので7年が経過し、大きな成果が得られているものと感じているところです。
今後もOLSの向上に全職員一丸となって取り組んで行きたいと思います。
第8回 日本脆弱性骨折ネットワーク学術集会
2021-03-12
カテゴリ:医療関係者様へ
2021年3月5日(金)~6日(土)に「第8回 日本脆弱性骨折ネットワーク(FFN)学術集会」が開催されました。本年は新型コロナウィルスの影響のためインターネット配信での学術集会となり、当院会議室を利用してのべ50名の職員が参加し貴重な講演を視聴することが出来ました。
ポスター発表では、大野礼子看護師が『多職種のための骨粗鬆症治療継続支援アプリ開発とパイロットプロジェクトへの参加報告』、渡邊麻美看護師が『大腿骨近位部骨折の治療成績向上のための取り組みと骨折データベース構築プロジェクト(NHFD-J)への参加意義』、衞藤貴郷理学療法士が『回復期病棟患者のサルコペニアと認知症の在院日数と在宅復帰率への影響』、本郷成市理学療法士が『OLS 3年追跡症例における再骨折率と死亡率の変化』について行いました。本年は会場に赴くことができないため、事前に音声収録した発表動画を会期中に視聴できるスタイルとなり、質疑応答は後日メールで座長を介して行うことになりました。通常と異なるスタイルであり戸惑いはありますが、どのような質問が来るか楽しみです。整形外科の熊木光包医師もポスター発表の座長を務めることになっています。
委員会報告として、FFN理事の新潟リハビリテーション病院院長山本智章先生が『FFN-J大腿骨近位部骨折データベースの現状と今後の展望』、インフォメーションとして、そうえん整形外科の宗圓聰先生が『骨粗鬆症リエゾンサービスを支援する情報連携アプリの開発』について取り上げられ、それぞれの研究参加施設である当院の名がスライドに上がり「すごい研究に参加させて頂いているんだな」と嬉しく、自信や励みになりました。
骨折と聞くと整形外科のイメージが強いかもしれませんが、本学術集会は骨粗鬆症による脆弱性骨折の予防を目的としていることから、整形外科医やコメディカルに加え脳神経外科医、内科医、歯科医など多方面の医師による講演を視聴することができ、新たな知識を数多く得ることができました。
本会で学んだことを明日からの診療に生かしていきたいと思います。
当院運営について当院における新型コロナウイルス感染症集団発生収束のお知らせ
2021-02-24
カテゴリ:利用者様へ
この度発生しました新型コロナウイルス集団感染につきまして、2月10日以降の2週間新規陽性者が確認されないことより東部保健所様と協議の結果、本日『集団感染が収束した』と判断しましたのでお知らせ致します。

集団発生により患者様やご家族様、地域の皆様、医療機関・施設関連の皆様その他多くの皆様にご心配やご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申しあげます。

今回の収束に向け東部保健所様のご指導をはじめ、関係機関の皆様に多大なご協力を賜りました。また沢山の励ましのお言葉や数々のご支援頂けましたこと改めて感謝し御礼申し上げます。

今後もさらなる感染予防の徹底を図り、安心・安全な医療を提供できるよう職員一同、最善を尽くして参ります。今後とも何卒よろしくお願い致します。

2021年2月24日
医療法人平成会 サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
当院運営について
2021-02-10
カテゴリ:利用者様へ
重要
現在の診療状況と今後の予定についてご案内いたします。
皆様には大変なご不便をおかけしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

  1. 外来診療
    ①現在、全科通常外来を実施しております。
    ※一部常勤医師の外来診療再開が遅延しております。
    ※担当医師ではなく他医師での診療、院内遠隔診療の場合があります。
    ※時間外・夜間外来は現在停止しております。
    ②外来リハビリテーション(完全予約制)。
    ※スタッフの標準予防策(フェイスガード、マスク)のほか手袋装着にご理解ください。

  2. 入・退院
    ①新規入院は専用病床にて行っています。
    ②退院につきましては患者様個別にご案内しております。

  3. 健診センター(人間ドック・健診診査)は2月15日再開予定です。

  • PCR陰性、検温・体調を確認した常勤医師・スタッフで運営しています。また24時間換気、専用消毒剤による衛生管理を実施しております。ご安心して来院ください。
  • ご来院の際は、サージカルマスク(不織布マスク)装着をお願い致します。
  • 上記決定・予定は今後の感染情勢により急遽変更になることがあります。
    新しい情報につきましては、随時当ホームページで報告・ご案内させて頂きます。
  • 診療予約、ご不明な点等あれば0977-72-2266までご連絡をください。

2021年2月10日
医療法人平成会 サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
新型コロナウイルス感染発症について(第12報)
2021-02-10
カテゴリ:利用者様へ
重要
当院における新型コロナウイルス感染症についてお知らせいたします。
本日(2月10日)、濃厚接触として経過観察中の患者様1名にPCR陽性が確認されましたので報告いたします。

皆様には大変なご心配ご迷惑をおかけしています。
懸命に感染防止対策に取り組んでおりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 運営については別報をご参照ください。
  • 新しい情報につきましては、随時当ホームページで報告・ご案内させて頂きます。
  • ご不明な点等あれば0977-72-2266までご連絡をください。

2021年2月10日
医療法人平成会 サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
新型コロナウイルス感染発症について(第11報)
2021-02-05
カテゴリ:利用者様へ
重要
当院における新型コロナウイルス感染症についてお知らせいたします。
昨日(2月4日)、病棟職員1名にPCR陽性が確認されました。
2月5日AM10:00現在、累計で入院患者様18名、職員11名、計29名となっています。

皆様には大変なご心配ご迷惑をおかけしています。
懸命に感染防止対策に取り組んでおりますので、何卒ご理解とご協力をお願い申し上げます。

  • 運営については、2月3日の別報をご参照ください。
  • 新しい情報につきましては、随時当ホームページで報告・ご案内させて頂きます。
  • ご不明な点等あれば0977-72-2266までご連絡をください。

2021年2月5日
医療法人平成会 サンライズ酒井病院
院長 酒井祐一
TOPへ戻る