本文へ移動

研修教育制度

今年度は院内での教育として、e-learningを活用し、ファシリテータを配置し講義とグループワークを織り交ぜた研修形式にしております。
看護師からは、より理解度が深まると好評を得ています。

医療法人平成会サンライズ酒井病院看護部教育理念

教育理念

当院の看護部は、高品質かつ個別化された看護ケアを提供するために、常に学び続け、専門知識と技術を向上させることを信念としています。
地域のニーズに合わせた看護実践の推進を通じて、地域住民の健康と福祉に貢献します。

教育目標

1. 専門知識と技術の向上:
• 看護師全体の専門知識と技術を向上させるために、継続的な教育プログラムを開発し、実施します。
• 最新の看護のエビデンスに基づいたケアプロトコルやベストプラクティスを導入し、看護師のスキルを向上させます。

2. チームワークとコミュニケーションの強化:
• 看護師同士の連携とコミュニケーションを強化し、チームワークを促進します。
• 患者やその家族との効果的なコミュニケーションスキルを向上させ、共同のゴールに向かって協力します。

3. 患者中心のケアの提供:
• 患者のニーズや個別のケアプランに基づいて、患者中心のケアを提供するためのスキルと知識を獲得します。
• 患者の人権と尊厳を尊重し、文化的な多様性に敏感なケアを提供するための教育を行います。

4. プロフェッショナリズムの促進:
• 倫理的な看護実践の推進と、専門倫理および規範への遵守を重視します。
• 看護師のリーダーシップと専門性の発展を支援し、専門的な成長の機会を提供します。

5. 地域との連携と関与:
• 地域住民の健康ニーズを理解し、地域との連携を強化するために、地域のリソースやサービスに関する情報を提供します。
• 地域の健康イベントや教育プログラムに参加し、地域住民の健康促進に貢献します。

当院のキャリア開発に関する方針

当院では、看護師のキャリア開発を重要な取り組みと位置づけています。ラダー制度を活用し、スキルアップの機会や教育プログラムを提供することで、看護師が専門性を高め、自己成
長を促進できる環境を整えています。また、柔軟なキャリアパスや管理職キャリアの支援により、看護師の個々の目標に合わせたキャリアの構築をサポートしています。

1. ラダー制度の導入と活用

• 当院では、看護師のスキルや経験に基づいて、ラダー制度を導入しています。
• ラダーは日本看護協会版の「看護師のクリニカルラダー」に基づき、1 段階から 5段階まで設定されており、看護師は自身のスキルと能力に応じて段階的に昇進することができます。

2. スキルアップの機会と教育プログラム

• キャリア開発を促進するために、看護師にはスキルアップの機会を提供します。
• 教育プログラムや研修セッションを通じて、看護師の専門知識や技術を向上さ
せることを支援します。

3. キャリアパスの多様性と柔軟性

• 当院では、看護師のキャリアパスにおいて多様性と柔軟性を重視しています。
• 看護師は、ラダー昇進のみならず、管理職や教育職などの異なるキャリアパスに進む機会も提供されます。

4. 管理職キャリアの支援

• コンピテンシー・モデルを活用し、管理能力の評価と支援を行います。
• 管理スキルの向上と成長を促進し、組織全体の成功に寄与できる管理職を育成することを目指します。

5. 目標設定と評価の実施

• キャリア開発の過程で、看護師との定期的な目標設定と評価を行います。
• 個々の看護師の成長をサポートし、キャリア目標に向けた進歩を確認しながら、適切なフィードバックやサポートを提供します。

臨床実践能力の評価要素

1. 看護実践能力

• 看護実践能力は、看護師が直接患者ケアを提供する上での能力やスキルを指します。
• 例えば、看護評価や診断の能力、効果的な看護計画の策定、適切な看護処置の実施などが含まれます。
• 看護実践能力の向上は、患者の安全性とケアの質の向上に直結します。

2. 組織的役割遂行能力

• 組織的役割遂行能力は、看護師が組織内での役割や責任を果たすための能力を指します。
• これには、チームワークやコミュニケーションの能力、リーダーシップの発揮、組織目標の達成に寄与する能力などが含まれます。
• 組織的役割遂行能力の向上は、効果的な協働や組織内での円滑な業務遂行につながります。

3. 自己教育研究能力

• 自己教育研究能力は、看護師が自己啓発や専門知識の向上に向けた能力を指します
• これには、最新のエビデンスに基づいた実践の追求、学術的な研究活動への積極的な参加、専門的な情報やリソースの継続的な学習などが含まれます。
• 自己教育研究能力の向上は、看護師の専門性の深化や最新の知識の習得に貢献します。

4. 人材育成能力

• 人材育成能力は看護師が他の看護職員や学生などの新入りに対して教育や指導を行う能力を指します。
• これには、適切な教育プランの設計、知識やスキルの伝達、フィードバックの提供、新人看護師や学習者の成長をサポートする力が含まれます。
• 人材育成能力の向上は、組織内でのスタッフの能力向上や継続的なプロフェッショナル成長に貢献します。

5. 看護観・倫理観を育む力

• 看護観・倫理観を育む力は、看護師が患者への配慮、倫理的な判断、倫理規範への遵守など、看護実践における倫理的な側面に対する能力を指します。
• これには、患者の権利と尊重を尊重し、個別の価値観や信念を尊重する能力、難しい倫理的な決定を適切に行うための倫理的なリーダーシップ能力が含まれます。
• 看護観・倫理観を育む力の向上は、患者への適切なケア提供と看護職倫理の推進に寄与します。

これらの 5 つの臨床実践能力は、看護師の総合的な成長とキャリアの発展に重要な役割を果たします。
ラダー制度は、看護実践能力の向上、組織的な役割遂行能力の発展、自己教育研究能力の育成、人材育成能力、看護観・倫理観を通じて、看護師のスキルや能力を評価し、段階的な昇進の機会を提供する仕組みです。看護師はこれらの要素をバランス良く発展させることで、より高い段階のラダーに進むことができます

クリニカルラダー

認定基準
評価尺度は
「5:よくできる(100%以上の到達度)」
「4:できる(80%以上 100%未満の到達度)」
「3:普通(50%以上 80%未満の到達度)」
「2:努力を要す(30%以上 50%未満の到達度)」
「1:非常に努力を要す(30%以下の到達度)」の 5 段階とする。
ラダーは以下の判断基準に基づいて認定する。但し、中途採用者の場合は、前職場でのラダーの一つ前のラダーとする。

看護師のラダー段階別到達目標

TOPへ戻る