お問い合わせ電話番号

0977-72-2266

リハビリテーション部

ここから本文です。

病気には薬や手術で治療しても後遺症状の残るものや、根本的な治療の困難なものがたくさんあります。
残された機能を生かし、病院での治療と日常生活とをつなぐのがリハビリテーションです。
当院では整形外科的疾患(骨折・変形性関節症等)、脳血管疾患(脳梗塞・脳出血等)を中心に治療を行っています。
現在のスタッフ内訳は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、マッサージ師が常勤しており、患者様が安心して満足のいく治療を受けられる様日々努めています。

理学療法部門

理学療法とは、主に起き上がる・座る・立つ・歩くなどの基本的動作能力の回復を目指します。
その為に関節運動・筋力増強運動・起きあがり動作練習・起立歩行練習などを行い、日常生活や社会生活活動に結び付けていきます。
また必要に応じて装具の活用や、物理療法(温熱・電気・寒冷)なども組み合わせて治療を行います。

作業療法部門

当部門では、種々の障害によって日常生活や社会生活の作業遂行に不安や支障がある患者さまに対して、きめ細かい治療訓練を行なっています。
作業療法は治療のために棒やボール,ブロックやピンなどの治療用器具や手工芸を治療に用いることが特徴です。実際に物品を操作していくことで、より動作を行いやすくなり、より早く日常生活に必要な動作を獲得してゆくことができると考えています。

言語聴覚部門

私たちは言葉によってお互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活しています。
言葉によるコミュニケーションには、言語、聴覚、発声・発音、認知などの各機能が関係していますが、脳梗塞などの影響でそれらの機能が失われ、他の人との関わりが困難になる場合があります。
そのような患者さんに対し専門的サービスを提供し、人と人との関わりを修復し円滑な生活を送れるようリハビリを行うのが言語聴覚士の役割です。

マッサージ部門

マッサージはあんまマッサージ師、指圧師、鍼師、灸師の資格を有し、西洋医学の治療にあわせ東洋医学を用いて治療を行います。
その他、疾患に合わせ牽引療法や温熱療法(ホットパック、極超短波)、低周波等も行い主に肩こりや腰痛等の消炎・鎮痛を目的に行っています。