お問い合わせ電話番号

0977-72-2266

薬剤部

ここから本文です。

当院は、院外処方を行っていますので、薬剤部の仕事は、入院患者様の調剤・医薬品の発注、管理・ドラッグインフォメーションが主な仕事となります。
スタッフは薬剤師、アシスタントの少数精鋭部隊です。また、入院患者様以外に、併設の老人保健施設の入所者様の調剤もこちらで行っています。
薬剤部の基本方針は「正しいことを行う、そして、それを正しく行う」です。
先日院長より病院理念の1つである「積極」はスピード感で対応して欲しいとの話がありました。
私たちも、それに応えるべく「正確な調剤・迅速な対応・薬学的EBMに基づいた助言」を日々の業務の目標とし努力したいと思います。

院外処方箋の記載について

通常、処方箋の医薬品の名称は「商品名」が記載されています。
平成24年度から、ジェネリック医薬品(後発医薬品)が市販されている医薬品につきましては、「一般名」での記載が推奨されています。
詳しくは厚生労働省のホームページをご参照ください。

ジェネリック医薬品(後発医薬品)の使用促進について(外部サイトへ移動します)

調剤薬局の方へ

平成24年度診療報酬改定により、医師が院外処方箋を交付する際、後発医薬品のある医薬品について一般名処方が行なわれた場合の加算が新設されています。
当院においては、平成24年4月1日より一般名処方発行を行なっています。
一般名処方調剤後の処方内容のご連絡については、当院の地域連携部にFAX送信をしていただくようお願いいたします。
送信していただいたFAX用紙は電子カルテにスキャナー取り込みを行ないます。

後発品通知用FAX

0977-72-5755(地域連携部)

電話番号

0977-72-5770(8:30~17:30 日・祝際日は除く)